敦賀市立看護大学

 

3つのポリシー(大学院)

   
アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)
1.看護学および看護実践に関心をもち、看護への探求心の高い人
2.看護の対象を理解し、個々のニーズに応じた高度な看護を創造し、実践するための学習意欲を持っている人
3.高度の先端医療や社会情勢の変化に対応し、他職種と協働して高度な医療を提供するための努力を惜しまない人
4.研究的視点から現象を分析し、研究課題を抽出するとともに積極的に研究に取り組む姿勢を持っている人
5.看護学の発展に寄与し、社会に貢献しようと自己研鑽に努めることができる人
 
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
1.看護学への関心を高め、看護を探求していくための基盤として、学部の開講科目を履修できるシステムを設けている。
2.看護学専攻科目の「救急・災害看護学」、「地域・在宅看護学」、「母子看護学」を支持する科目として医学系・社会科学系の科目を共通科目として配置している。
3. あらゆる看護場面で高度な看護が展開できるため、臨床看護、地域・在宅看護、救急・災害時の看護等に関する科目を配置している。
4.研究を行うにあたっての学習を深めるため、「救急・災害看護学」「地域・在宅看護学」「母子看護学」分野相互の履修が行えるシステムを設けている。
5.研究課題に対して、複数の教員の指導を可能にするシステムを設けている。
 
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
1.看護学の構築および看護実践の向上をはかり、専門的知識・技術・実践能力を身に付け、個々人および地域のニーズに応えられる能力を有している。
2.高度の先端医療や社会情勢の変化を理解し、救急・災害看護学、地域・在宅看護学、母子看護学の分野において高度な看護が提供できるとともに教育・指導面で中心的役割が担える。
3.看護実践現場における課題を抽出し、課題解決のための改革の推進、および教育・指導、看護マネジメント等の能力を有している。
4.看護の現状に対して研究的視点から現象を分析し、研究課題を抽出し研究が行えるとともに指導的立場でアドバイスが行える。
5.看護学の高度な専門性を追究し、看護学の発展に寄与し、貢献することができる。
<<公立大学法人敦賀市立看護大学>> 〒914-0814 福井県敦賀市木崎78号2番地-1 TEL:0770-20-5500 FAX:0770-20-5548